関東のアダムのブログ

半世紀以上、宝塚大好き、子育てで中20年くらい抜けていますが、また返り咲いて全組応援しています。特に雪組朝美絢様推しです。どうぞよろしくお願い致します。

朝美オスカルの声について




朝美絢さん演じるオスカルの声がいつもより高い、と話題になっている


私も最初聞いた時、いつもの男役声とは発声からして違うな、と思った。


オスカルは「男装の麗人」だからもちろん「男」ではない。


中身は「女」の役だ。


今まで50年という長い長い間多くの人々に愛されてきた歴史ある「ベルサイユのばら」で、


何人ものオスカル像を観てきた。


それぞれに素晴らしいオスカルだったと思うが、大体はいつもの男役声で演じていたような気がする。

(もちろん女らしくするところはあっても……)


でも朝美さんは、最初の出てくるところからして違っていた。


宝塚の「男役」は「男」であって「女」ではない。


それを同じ声にすることは違うのではないか、とおそらく考えたのだと思う。


ここまで深く掘り下げ、発声のやり方まで研究し尽くしてオスカル像を作った人を、私は今まで観た事がない。


今までは、オスカルは「男装の麗人」だから、宝塚にはピッタリ、そのままやれば素晴らしいオスカルになるであろう、と何の疑いもなくやってきたのだと思う。


でも宝塚の男役は、「男」を演じる時に発する声であって「男として育った女性」を演じるには根本からして違うのかもしれない、ということを、朝美さんのオスカルを観て初めて感じた。


オスカルは、中身は「男」ではなく、あくまで「女」なのだ、ということを朝美さんの演技で改めて思い知った。(50年目にして……)


それくらい、朝美さんの演技は、今までの常識を覆してしまう程のインパクトのあるオスカル像を見事に演じて観せてくれた。


なんという深い考え、なんという役作りの凄さ、


元々素晴らしい演技力の持ち主だとは知っていたが、これ程だったとは……


本当に、その努力と役作りの深さに心から敬意を表し、大尊敬しました。


改めてこれからも朝美さんをずっとずっと応援していきたいと思った次第です。



(素晴らしい雪組の「ベルばら」を観てずっと忘れられず脳内再生している今の私の素直な気持ちです)





もしよろしければポチッと

どうぞよろしくお願い致します

SS席よりA席がいい?



雪組大劇場公演「ベルサイユのばら」の客席降りが話題になっていますよね。


先日観劇した時に、劇場内で話している方たちのお話をそっと聞いてしまったのですが、


「前から5番目のSS席をA席に変えてもらった」


と言うのです。


あり得ない、あり得ない、どうしたらそうなるの?


その続きは


「だってSS席が上手だったから」


でした。


「S席でも下手側の特に通路側22列は最高のポジションだよね~」


「そうそう、絶対上手より下手だよね~」


なぜなら、彩風フェルゼンが自分に向かって走ってくるから……


だそうです。


「特に22列の下手端のA席が最高過ぎて神席だわ。さきちゃんを間近でじっくり見れるのだもの。コストパフォーマンスも最高」


確かに、駆け抜けたあと、客席下手のドアのところに案外長い時間立っていらっしゃいました。



それにしてもSS席を取り替えるとは、「さきちゃん愛」ですね。


恐れ入りました。







もしよろしければポチッと

どうぞよろしくお願い致します

「ベルばら」2回目観劇



諏訪さきさん、復帰(祝)


良かった、良かった。


もちろん咲城けいさんのジェローデルも最高にカッコ良かったけれど、


諏訪さんが舞台にいてくれると、なんだか安心して物凄く落ち着きます。


諏訪さんのジェローデル、本当に素敵でした。


11日、12日とお二人のジェローデルを観られるなんて思ってもいなかったので、本当に嬉しかったです。


鬘は違っていたので、咲城さん用にきっと作ってくれたのですね。


とにかくお二人とも、ブラボーです。




そして、メルシー伯爵の真那春人さん。


突然代役の昨日も完璧でしたが、今日のメルシー伯爵はとにかく心が込もっていて、


フェルゼンを説得するところなんて、メルシー伯爵の想いに涙が止まりませんでした。


真那さん、本当に凄いです。




ベルばら二回目観劇の今日は、昔の先入観なしに思いっきり楽しんで観ることが出来ました。


私が望んでいたことは、主に「オスカルとアンドレ編」に出てくるところだったので、


しっかりと「フェルゼン編」として観たら、本当に本当に素晴らしくて、もう大感動しました。



キラキラピカピカ夢夢しいのはもちろんのこと、


お一人お一人の実力が非常に高く大変見応えがありました。


今日は、「フェルゼンとオスカルのバトル」のところでの拍手のタイミングがちゃんとわかっていたので、しっかりとお二人に惜しみ無い拍手を送りましたよ。(ヤッター)



フェルゼン、アントワネット、オスカル、アンドレ、皆さん本当に漫画から出てきた様に美しくて、さらにお芝居も歌もダンスも完璧で、本当に素晴らしいベルサイユのばらです。


ベルナールもロザリーもそしてジャンヌが物凄く憎たらしくて(ごめん、褒めてます)本当に素晴らしい。


モンゼット夫人とシッシーナ夫人もさらにヒートアップしていてアドリブ満載で、カーテンに入るところまで「美しいわぁ、顔がいいわぁ」と言っていました。


今日は立ち見だったのですが、1階で観られたので、客席降りをこの目でしっかりと観ることが出来ました。カッコよかったぁ……


東京で観る席は全て2階席なので、


私の中で立ち見席が一番良い席だったのかもしれません……


一幕終わりのフェルゼンが、ドアの所でこちらを見つめてくれる所や、


フィナーレでオスカルが先頭を切って客席上手から颯爽と出てくる所など、


しっかりと目に焼き付けました。


カッコ良かった~~



ただ、昨日も今日も良い所で携帯が鳴ってしまったのはどういうことでしょうね?


観る方の最低限のマナーは守って頂きたいです。







もしよろしければポチッと

どうぞよろしくお願い致します